言語: English Française Español Italiano Deutsch Pусский Português 中文 日本語 हिन्दी Türkçe عربي
年齢:
最大心拍数:  心拍数
あなたの平均心拍数は:
pointer
安静時
ウォームアップ
脂肪燃焼
持久力
成績
最大

このウェブサイトはあなたの心拍をオンラインで実際に計測器をつけずに脈拍数(BPM)で測れます。あなたの年齢と最大心拍数(HRmax)に基づいて、あなたのトレーニングゾーンの心拍数を決めます。

使用方法は?

あなたの心拍数を測るにあたって、次の簡単なステップに従ってください。

  1. あなたの年齢を入力してください。
  2. 片方の手の人さし指と中指を左右どちらかの首の下の方のところにおいて脈を感じてください。脈が感じられる程度に軽く押してください。
  3. もう片方の手で、心拍を感じたらその都度心臓のアイコンをクリックします。スペースバーを押してもできます。

あなたの1分間の平均心拍数(BPM)が表示され、インジケーターがあなたの現在のトレーニングゾーンを示します。

心拍数とは何ですか?

心拍数(もしくは脈)とは1分間に心臓が脈を打つ回数のことで、一般にBPMとして表されます。心拍数は身体が必要としている酸素の量によって上がったり下がったりします。心拍数は通常寝ている時の方が歩いていたり、走っている時より低くなります。感情の高ぶりも心拍数を上げます。

心拍数は健康状態を診断するために医師によって使われます。また個人でもトレーニングで最大の効果を上げるためやフィットネスレベルをモニターするためにも使われます。

どのように脈を測りますか?

手首で脈拍を測る 首で脈拍を測る

脈拍は皮膚の表面に近い血管を軽く押すことによって感じられます。親指では正確に測れない事もあるので、常に人さし指と中指を使ってください。脈拍を測るのによく使われる場所は首と手首です。

首で心拍数をチェックする場合、人さし指と中指を左右どちらかの首の下の方のところにおいて脈を感じてください。脈が感じられる程度に軽く押してください。 もう片方の手で、心拍を感じたらその都度心臓のアイコンをクリックします。スペースバーを押してもできます。

手首で心拍数をチェックする場合、手のひらを上にします。反対の手の人さし指と中指を手首の付け根から約2.5cm下の所にあてて、脈を感じられるまで軽く押します。

最大心拍数(HRmax)とは何ですか?

最大心拍数(HRmax)とは1分間に心臓が脈を打つ一番多い回数で、それは年齢によって異なります。(HRmax)はあなたのトレーニングゾーンを決めるのに重要です。

最大心拍数を計算するのに最もよく使われる方法は(HRmax)=220-年齢

安静時の心拍数(HRrest)は?

安静時の心拍数(HRrest)は安静にしている時の心拍数です。成人では安静時の心拍数は通常60から100BPMの間です。運動選手の60BPM以下の場合もあります。安静時の心拍数を測るためには脈拍を測る前に最低10分は安静にしていなければなりません。

それぞれ異なるトレーニングゾーンとは何ですか?

心拍数のトレーニングゾーンとはトレーニングの強度を決定する範囲のことです。それぞれのゾーンの最大と最低の区域を計算するにはあなたの年齢にあった最大心拍数(HRmax)を使います。

適度な運動 (維持/ウォームアップ) 50-60%の(HRmax)。これがもっとも適度なトレーニングゾーンです。これは主としてウォームアップやより強度な運動をした後に使われます。心臓の機能を高めまた筋肉を向上させ、一方で体脂肪、コレステロール、血圧、アルツハイマー病や骨粗鬆症など変性疾患のリスクを減少させます。

体重管理(運動・脂肪燃焼) 60-70%の(HRmax)。脂肪を燃焼させるのに最も適したゾーンです。適度な運動のゾーンで、いろいろな利点がありますが、強度が増します。このゾーンでのカロリー消費の85%が脂肪からです。

エアロビックス(心臓のトレーニング・持久力) 70-80%の最大心拍数(HRmax)。有酸素運動は体が酸素を必要とする量が増えるにしたがって、肺をより多く働かせます。このゾーンは心臓血管と呼吸器系の機能を向上させます。また心臓の大きさと強度を高めます。このゾーンではより多くのカロリーが消費されますが、脂肪からの燃焼は50%です。

エアロビックス(トレーニングの中核)80-90%の最大心拍数(HRmax)。このゾーンのトレーニングは運動競技のパフォーマンスを向上させます。このゾーンで脂肪から消費されるカロリーは15%しかありません。

最大酸素摂取量(マックスエフォート)90-100%の最大心拍数(HRmax)。最大酸素摂取量とはエクササイズをしている時に体が取り込む酸素の最大値です。このゾーンには短時間しかいられません。非常にコンディションがよい運動選手しかこのゾーンで効果的なトレーニングができません。このゾーンでのカロリーの消費は最大です。最大心拍数でのトレーニングは危険ということは忘れないでください。

他のリソース

免責事項:このOnlineHeartRate.comは専門の医療アドバイスではありません。あなたの健康状態に関するお問い合わせは専門医にご相談ください。